横浜市北部(港北・都筑・青葉・緑)の洗車なら!洗車工房(SENSHAKOBO.COM)横浜都筑本店

【手洗い洗車】
当店の手洗い洗車は、ただの洗車ではありません。

洗車傷が発生しないように、最初に表面に付いたホコリ、小砂、汚れを水圧を利用して流した後、ボディーに傷の付きにくいスポンジを使用し、塗装面に悪影響を与える増粘剤を極力押さえ、更に環境にも配慮されているシャンプーで、洗浄力、きめ細かな泡立ちのボディー専用シャンプーで、丁寧に全て手作業で洗車をいたします。

洗車後は、シャンプーの泡がボディーに残っていますのと、シミ等の原因になりますので、泡を残さないように徹底的に水で洗い流します。更に、水分を残さないように、エアブローをして、ボディー隅々に残っている水分を吹き飛ばして仕上げます。

また、当店はサービスで、特殊な用材を使用して、アルミホイルの洗浄にも手を抜きません。

ガソリンスタンドの手洗い洗車でもホイル洗浄はしていますが、ホイル表面的な洗浄のみで、細かな箇所までは綺麗にならず、仕上がりはあまり良くないのが現状です。

ボディーが綺麗なのに、ホイルが汚れていると綺麗になった気がしません。

勿論、ホイルだけではなく、タイヤに付いた汚れも除去して、耐久性や艶が抜群に良い粘度が高い油性の高級タイヤワックスを塗ります。

そして、車内の簡易清掃も行います。こちらもサービスで行います。

フロアマットを外して、マットと車内隅々まで掃除機をかけて、車内にあるゴミを
取り除き、ギラツキが出ないガラスクリーナーを使用して、内窓の汚れを除去します。

【ワックス掛け】
「手洗い洗車」の後に、手でWAX掛けをいたします。

「洗車の後にWAXを掛けてもらいたい」「ガソリンスタンドのWAX洗車は耐久性が無く、WAXが効いているのかわからない」「水弾きがしたい」などがご希望の方には、おススメなコースです。

当店が使用するWAXは、WAXメーカーではトップブランドの「シュアラスター」製の固形WAXを使用しています。

【簡易ポリマー加工】
比較的に年式が新しい車や、塗装面にちょっとした薄い小傷がある車に、おススメなコースです。

超微粒子の研磨剤が入ったポリマー剤をポリッシャーを使用して磨き上げます。

小傷の除去とポリマーコーティングを同時に行いますので、短時間で小傷が除去され、ボディーに艶と撥水が得られるWAX掛けより1ランク上のコーティングです。

通常のWAX掛けでは物足りない方にもおススメなコースです。
(耐久性や艶は、簡易ポリマー剤よりも、通常のポリマー加工のほうがあります)

【ポリマーコーティング】
ポリマーとは、「高分子重合体」の事を言い、当店が使用しているポリマー用材は、電子反応と高分子の化学作用により、超微粒子重合アミドポリマーが塗装粒子に結合し、高硬度な被膜を形成します。保護被膜の分子構造が極めて小さく、密度が高いので水垢が付着しにくく、付着した場合でもシャンプー洗車で間単に落とせて、市販品のWAXとは比較にならない程の艶と耐久性に優れています。

しかし、塗装面本来の艶を出すには、ポリマー剤を塗り込み前に行う「下地処理」を念入りに行わなくてはなりません。
この工程は、施工者によって大きく仕上げに左右されますが、しっかりと行わないと、仕上がりが悪くなるばかりか、ポリマー本来の性能を十分に発揮することが出来ません。ですので、当店では、この「下地処理」を重点的に行い、徹底的に磨き上げます。

各車の塗装状態を見極めて、2工程〜4工程の下地処理を行います。
時には、同じ工程を2度繰り返して、施工者が一切妥協せずに、納得がいくまで磨き上げます。

しっかりとした下地が作れれば、ポリマー剤がしっかりと塗装面に密着します。
耐久性は、保管状況やお手入れの仕方によって異なりますが、こまめに洗車をしていただければ、1年程の耐久性があります。

【ガラスコーティング】
【エシュロンガラスコーティング施工】
エシュロンガラスホーティングは愛車のボディをキズや汚れから守り、塗装面を保護する最先端のボディコーティングです。その性能は化学的根拠に基づいて実証されています。
ECHELON(エシュロン)は、ペドロポリシラザンと呼ばれる物質が、200℃〜450℃という高温下で、シリカガラス質へ転化する性質を応用したものです。従来、高温での処理が必要だった反応を、常温で起こすことに成功したため、高性能な被膜を特殊な装置なしで形成できる、画期的なコーティングです。PHPSが反応するのは、空気中の酸素(O2)と水(H2O)。そのクリーンな反応により、緻密で高純度なガラス被膜が形成されます。
ECHELON(エシュロン)による被膜の硬度は、他のコーティング被膜や樹脂材料に比べても群を抜いています。代表的なケイ素樹脂系のコーティング剤による被膜の硬度0.18GPaに対し、ECHELON(エシュロン)の被膜の硬度は、3.0GPa。実に16倍もの硬度があります。(数値が高いほど硬く、傷がつきにくい性質があります。

【作業工程】
洗車、ピッチ、鉄粉除去作業→小傷研磨→下地磨き→仕上げ磨き→ 脱脂→ エシュロンガラスホーティング塗布→ 撥水最終仕上げ→ 清掃→ お引渡し 

【施工後メンテナンスメリット】
ボディコーティングをする目的の一つは、メンテナンスを容易にすることです。エシュロンなら、通常のお手入れは洗車のみでOKです。イージーメンテナンスを可能にする究極のボディコーティングです。
エシュロンは完全無機のガラス被膜を形成し、酸化劣化することがありません。だから塗装面を劣化や退色から長期保護できます。
非常に高い被膜硬度が得られるため、傷がつきにくく、いつまでも美しい光沢が持続します。
施工されたお客様には、もれなく施工証明書を発行致します。
 

【水垢除去】
特に白やシルバーの車体色で、洗車だけでは取り除けない「頑固な水垢やシミ」をポリッシャーを使用し、コンパウンドで除去していきます。
塗装面全体はもちろん、ポリッシャーが使用出来ない細かな隅々まで付着した水垢も丁寧に除去していきます。(ドアノブ、テールランプ、エンブレム周りなど)その後は、ボディーに付いた脂分を脱脂してから、WAX掛け、もしくは簡易ポリマー加工をして、綺麗になった塗装面を保護します。

 


サービス案内 | 洗車の種類 | 料金表 | 対応エリア | 店舗紹介 | お問い合わせ | トップページ

Copyright (C) 2008 洗車工房 All Rights Reserved.

〒224-0023 神奈川県横浜市都筑区東山田3-18-16
TEL:0120-011-545 / E-Mail:info@senshakobo.com